黒澤合同事務所:東京都中野区の 司法書士 税理士 会計士 総合事務所  » 測量から登記まで 


測量から登記まで

測量~登記をトータルに引き受けるメリット

なぜ測量からできると良いのか

土地に関する登記を申請する場合には、登記の前段階で行えることに多くのメリットがあります。
土地家屋調査士と測量士による最新の測量技術の融合により、境界確定や登記申請を「正確」「迅速」「丁寧」をモットーに責任ある一貫体制のもと、一連の業務を行い、成果品に対し将来まで保証させていただけます。

測量とはどんなことをするのか

測量とは、土地の実態や状態、位置などを測ることで、「正確な角度」「正確な距離」「正確な高さ」から成り立っています。

土地登記の前段階として、土地登記のもとになる境界を確定する測量を行います。境界が登記どおりの位置にあるのか、隣接土地所有者の同意があるのか、ご依頼者及び隣接土地所有者双方立会の上、境界を確認し確定させます。また、その対象土地が道路や水路に接する場合には、道路管理者・水路管理者の国、県、都、区、市などに申請して立会を行い、官民境界を確定することもあります。

司法書士について

司法書士とは?

司法書士は、お客様の委任を受けて、法務局や裁判所に提出する書類を作成し提出する手続きを行います。
登記には、「不動産登記」と「商業登記」があり、これは法務局で重要な事項を登記することで、社会に公示し、取引の安全を守る制度です。
人々が日常の生活のなかで、法律知識を必要とする場面に直面したとき、難解な法律をわかりやすくひもとき、最善の策を導きだす、いわば「街の法律家」であります。

司法書士の業務

司法書士の業務は、

  1. 不動産の登記手続について代理すること。
  2. 会社や法人の登記手続について代理すること。
  3. 供託手続について代理すること。
  4. 裁判所・検察庁に提出する書類を作成すること。
  5. 簡易裁判所における訴訟手続等を代理すること。
  6. 成年後見に関する業務。
  7. 債務整理に関する業務。
  8. 上記に関する法律相談

の以上の業務となります。